SHARE

こんなデザインなら、デスクトップPCもいえなかインテリアとしてものすごく素敵じゃないかしら。

デザインスタジオ「SchultzeWORKS」によるコンセプト・デザイン(製品化されたら面白いのに!)、Philco PCです。アメリカの1950年代のテレビ「Philco Predicta」のデザインにインスパイアされたそうです。

デザインがレトロ調になると未来的になる、とても良い例ですよね。




ボディーのオレンジが映えますね。キーボードとマウスもどことなくタイプライターみたいでカッコイイ!




このデザインはすでに2009年にはネット上で公表されていたのですが、今こそ、まさに優雅ないえなかやインテリアを考えたときに、「iMacのデザインの真の対抗馬はレトロフューチャーか?」と感じずにはいられません。

画面形状が長方形ではなく、丸みがありますので、表示手法については新しい発想とシステムが求められるかもしれませんね。でも実現したらこれは人気を博するかも。

リビングに欲しいなぁ。

Philco PC [SchultzeWORKS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense