どことなく和。どことなくアジアン。どことなくヒストリカル。

卓越したレーザーカッティング技術と自然風デザインの融合で、環境にもマッチした優雅なインテリアを生み出す「Lightwave Laser」のライティングがちょっと素敵。

チェリーウッド、マホガニー、メープル、ダークウォールナッツなどの木材から、様々なデザインをカスタマイズして製作できます。




近代建築の三大巨匠のひとり、フランク・ロイド・ライト(1867-1959)が自身で設立した「フランク・ロイド・ライト財団」が公式に採用しているというところも注目。世界で愛されるインテリアなんですね。

ここに紹介したアクセント・ライトだけでなく、フロア・ライト、テーブルライト、そしてホームスクリーン(衝立)なども芸術的で素晴らしい。詳しくはネタ元サイトをご覧ください。

ちなみに、以前にルーミーで紹介した、三大巨匠のうちのもう一人「ル・コルビュジェ」が飛行機の材料でデザインしたテーブルというのもなかなか興味深いです。

[Lightwave Laser]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense