SHARE

カーテン? 木琴? なんと表現してよいものか迷いますが、いわゆる普通の玄関のドアではないことは確かな玄関ドア。

こちらは、インドの建築事務所Matharoo Associatesが設計したCurtain Door




ドアを開けると全体が開くのではなく、パーツが1つずつ美しいカーブを描き、うねうねと開くようになっています。

こちらは、40のチーク材をボールベアリング(玉入り軸受け)、おもり、ワイヤーロープ、滑車などで動かしているのだとか。もちろんこれらは外からは見えない設計になっており、まさに芸術作品といってもよいかもしれません。




ドアが閉まっているときはこんな風。




この大きさ、そして重厚さの玄関ドアは、日本の住宅に取り入れるのはなかなか難しそうですが、規模を小さくすれば、この人々をアッと驚かせることができるドアを玄関の1枚にするのも夢ではないかもしれません。

当たり前だと思っているパーツもまだまだこだわることができる。だからきっと、建築は面白い!

Curtain Door by Matharoo Associates [freshhome]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense