いろんな模型のキットがありますが、バリスタのキットがちょっと注目。エスプレッソの人(barista)ではなくて、古代から中世に掛けて使われた据え置き式の”大型弩砲”の模型「Wooden Ballista Kit」です。

古代の歴史の資料とかで見たことありますよね、こういうの。大型の弓で、石や金属の玉、極太の矢や槍、複数の小型の矢や火炎瓶などを打ち出した、攻城兵器です。




photo by Mapion大百科

戦争は美化できませんが、かつて歴史の中で実際に使われていたのがどんなものだったのか、ということを考えさせられる模型ですね。現代兵器とはまったくもってレベルが違う。古代の人々は、こうしたものを手作りしていたわけですね。




非常にシンプルなキットになっていて、各パーツは硬い木をレーザーカットして作られています。完成したバリスタ弾はおよそ9メートルほどの飛距離があるらしいので、かなり威力があります。気を付けて遊ばないといけません。

当然のことながら、人に向けないようにね。

Wooden Ballista Kit [via ThinkGeek]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense