SHARE

プレハブ」といえば、一時的な住まいだとか、簡易的に作られた建物だとか、四角い形であまり飾り気のない建物、そんなイメージがあるかもしれません。でも、思わず住みたくなってしまうようなステキなプレハブというのも、世の中にはあるんですね。




スウェーデンの建築家でデザイナーでもあるJonas Wagellさんがデザインしたプレハブハウス「Mini House2.0」はとても現代的でおしゃれ。

もちろん、夏も冬も住むことができます。

簡単に組み立てられるように設計されているのはもちろん、小さなキッチン、お風呂、ヒーター、ストレージや太陽光発電キットなどをカスタマイズして取り付けることも可能です。




こちらはちょっとしたキッチン。お水とコンロも使えます!




お手洗い。狭いけど十分ですね。




オフィスデスク仕様+キッチンも可能。




棚&暖炉。




収納多め。

カスタマイズも色々できて、自分好みのおうちを作ることができますよ。広いお庭がある人は別宅に。そうでない人もどこかにちょっとしたスペースがあれば、自分だけの城を築くことができちゃいます!

注文すると、窓や壁など必要なパーツが送られてきて、数日で建築が完了します。

コンパクトだからこそ、必要最小限の「物」に囲まれる心地よい空間を作ることができそう。こんなプレハブの賃貸などがあっても、面白いかもしれませんね!

Photos by Andy Liffner and Lars Petter Pettersen

Mini House2.0

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense