SHARE

ちょっとシリアスなおもしろ画像発見!

そうなんじゃないかと、思ってたんですよねぇ…。キャッシュディスペンサーの中に、お金を出す係の人って、やっぱりいたんですね

…こちらは、ドイツの求人サイト[jobsintown.de]の広告写真です。皮肉とユーモアがたっぷりですね。ちなみにこの会社のキャッチフレーズは「人生は間違った仕事のためには短すぎる」。ううむ、おっしゃるとおり。

見てのとおりで、こんな日陰の身はイヤ! と眉をひそめたいところですが、1960年代後半に放送された『スパイ大作戦』では、人が中に入ってお札をどんどん作り出す「偽造紙幣マシン」 が、最新ハイテク機器と言わんばかりに活躍するエピソードがありました。当時「中の人」は、エース級の扱いだったわけです。時代変われば…ですね。

どちらにせよ、機械に人が入っているというのは滑稽なものです、ハイ。

 [jobsintown.de]
[zenverse.net]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

あわせて読みたい

powered by cxense