SHARE

「大画面で映画やゲームを楽しみたいけど、部屋が狭くて…」と悩んでいる方、そんな心配はないらしいですよ。

フラットパネルディスプレイよりも手軽に扱えることで人気の高いプロジェクター。通常は100インチを表示するには投影距離が3メートル前後は必要ですが、それだけの距離を確保するのは6畳部屋(およそ3.6メートル×2.7メートル)だって難しい。

ところが最近では、1.5メートルの投影距離で100インチを表示できるプロジェクターが発売されているんですから驚き。


ビデオプロジェクターVPL-BW120S(SONY)



こちらは短焦点レンズでなんと1.3メートルという近距離から100インチの大画面を投影できます。デザインもカジュアルで価格もお手頃(Amazonで6万円台)。解像度はWXGA(1280 × 800 dots)で、輝度は2600ルーメン

なかなか注目ですね。


OPTOMA GT750ハイビジョン対応短焦点3Dプロジェクター(Jsky)



こちらは100インチの投影距離は1.5メートルですが、なんと3D表示が可能(別途3Dメガネが必要)。値段は10万円を超えますが、解像度は同じWXGA(1280 × 800ピクセル、ただし3D表示は1280 × 720ピクセル)で、輝度は3000ルーメン

実際に使っている様子はこんな感じです。

大きなスクリーンがなくても、白い壁があれば投影できるとのこと。ちょっと奮発すれば、簡単に100インチ画面が実現できるようになったんですね。

ビデオプロジェクターVPL-BW120S [SONY]
OPTOMA GT750ハイビジョン対応短焦点3Dプロジェクター [じぇいすかいShop via 楽天]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense