キャンドルの炎って癒されるけど、溶けてしまうし、倒れたりするのも心配ですよね。

デザイン・ブランド「METAPHYS」「hono(ホノオ)」は、目に見えないわずかな空気にも揺らぐロウソクの炎をLEDで再現した“電子キャンドル”。光を白いチューブの中に閉じ込めたイメージをデザインし、無機的で人工的なLEDに少し愛着が持てるようになりました。

見た目だけでなく、専用のマッチで優しくこすることで点灯・消灯したり、小さな穴に息を吹き込むと本物のキャンドルのような揺らぎが楽しめたりと、ディテールにも楽しいこだわりが。強く吹くとゆらめきながら消灯し、10秒後に自動点灯します。15時間の充電で8時間点灯できるそうですよ。

壁に掛けることもできるので、西洋のお城の廊下風に並べて飾るのも良いかも。小さなお子さんがいても安心です。

hono [METAPHYS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking