つるん、としたダフトパンク

こちらの作品は、ドイツ人アーティストのLorenz Potthast氏が制作した「Decelerator(減速器)」という名前のヘルメット。これを装着すると、なんと世の中を自由自在にスローモーションにすることが出来るとのこと!

仕組みは簡単。ヘルメットの前のカメラから撮影した映像をリアルタイムで解析、スロー編集。そして、メット内のヘッドマウントディスプレイにその映像を映し出すというもの。詳細はこちらの動画をご覧下さい。

これは体験してみたい!

時間スピードはリモコンを使って自由自在に調節することができ、前に取り付けられたモニターには装着した人が見ている映像が流れています。スローモーションはもちろんのこと、蓄積された映像を使って倍速スピードを味わうことも出来ます。ヘルメットの中には直接Netbookが入っていたりと、まさに現代っ子の発想です。

「時間を操ってみたい」という誰もが持っている欲望を疑似体験できる、そんな作品になっています。これを使ってスポーツ観戦したら楽しそう!

Decelerator [via designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense