iPadで家庭でのゲームがさらに身近になりました。中でも、iPadのジャイロセンサーによって本体そのものの回転や傾きでコントロールできるというのは、昔からゲーマーたちが望んでいた声もありましたからね。

中でもレーシングゲームは人気です。そしてその補助的なコントローラーとして「The World’s First iPad Gaming Wheel」が発案されていました。




見た目の通り、iPadを取り付けたハンドルを机に固定して、まさに車を運転するようにしてコントロールするわけですね。ハンドルそのものは脱着式なので、外して使うこともできるようです。

AirPlayにより大型ディスプレイの音響や映像を楽しみ、手元はあくまでもコントロールする、という割り切った楽しみ方も提案しています。




興奮して思いっきりハンドルを回転させても大丈夫なんでしょうか。失敗したときにハンドルに八つ当たりする勢いでiPadを壊さないか心配ですね。

クラウドファンディングサイトndiegogoでプリオーダー受付中。果たして、成功するでしょうか。

The First iPad Gaming Wheel [KOLOS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking