壮大、かつ夢の詰まったプロジェクトです。

2007年の9月1日から始まったグーグルがスポンサーの「Google Lunar X PRIZE(グーグル・ルナー・エックスプライズ)」という賞金レースがあります。

気になるレースの内容は以下のとおり。

・月にロボットを送り込み、月面を500m以上走行
・その際の月面をHD動画で撮影、地球に送信

このミッションを最初に成功させたチームが優勝です。いまだかつて、こんなにもゴールの遠い競争があったでしょうか…。

レースの期限は2015年の12月31日まで。そして、このレースに日本から唯一エントリーしているチームがありました。それがホワイトレーベルスペースというチームです。現在、クラウドファンディング「Campfire」で月面探査ローバーの開発資金を募集しています。

技術開発リーダーには「小惑星探査機 はやぶさ」の開発にも関わっていた東北大学の吉田教授。今回、月面探査ローバーの開発に必要な希望金額は200万円。500円から誰でも支援ができ、1万円の支援をした場合は、完成したプロトタイプを体験操縦できる特典などもあります。

民間でロケットを月に飛ばしてローバーを走らせる。もしかすると優勝賞金の16億円以上にお金がかかりそうな、気が遠くなるようなプロジェクトです。しかし、これを本気で実現しようとしている日本チームがあります。これは応援していきたいですね!

[CAMPFIRE]
[WLSJ]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense