家庭にあるばんそうこうといえば、ちょっと横長のあの形ですよね。

でも実はあの形だと、傷の場所や大きさや形によっては、十分に患部を覆えないこともあるかもしれません。

じゃあ、ケガの部位にピッタリな形のばんそうこうをプリントアウトして使えばいいね! というコンセプトで作られたのが、「Band-Aid Printer」。ケガをしたときだからこそ、不快感を感じない処置をしたいところ。

普段は、あまりスポットライトが当たるタイプではないばんそうこう。そのばんそうこうを「もっと使えるアイテムにしよう」というアイデアは、なかなか面白いですね。

こちらは、デザインコンセプトですので、まだ商品化はされていません。

世の中を変える大きな発明ではないけれど、暮らしを豊かにする、こんな小さなアイデアも大切ですよね。

Band-Aid Printer [reddot]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense