樹齢80年の年輪です。

20世紀を代表する建築家、アルヴァ・アールトの名作スツールStool60が発表されて80年。そのアニバーサリーを記念してArtekから制作されたのが、こちらの「rings」。スツール誕生から80周年ということで、座面には樹齢80年の年輪が印刷されています。何とも感慨深い発想ではありませんか!

制作したのはデザイナーのNao Tamura氏。以前roomieで紹介した「オーブンも使える葉っぱのお皿」もデザインされている方です。

樹木の断面に表れる年輪は1年に1本ずつ増えていきます。春の成長が盛んなときに幹は太くなり、夏から秋にともないその成長が小さくなり、冬には休眠状態に入ります。そのような細胞の疎密の結果が、あのような輪っかの模様として表れるわけですね。

つまり、樹齢80年ということは年輪も80本あり、その数をたどっていけば「自分の生まれた年」や「東京オリンピックの年」の年輪を確認することもできます。

80年間変わらない幾何学的なデザインのスツールと、80年間かけて自然が生み出したオーガニックなグラフィック。詩的でありながら絶妙にマッチしています。さらに、もし今年80歳を迎える人がここに座っていたら…。ときの重みを感じることができる素敵なスツールです。

rins [nao tamura] [Spoon & Tamago]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense