SHARE

おうちでリラックしたいとき、心地いい音楽やもふっと柔らかい毛布など、五感をやさしく包んでくれるお気に入りのアイテムは人それぞれですよね。

アロマなど、香りから癒されたい方に、ちょっと面白いコンセプトの練り香水が発売されるようですよ。

なんと、戦国武将や幕末の志士をイメージした練り香水なのだそう。 香りが柔らかく場所を選ばずに使える練り香水は、たとえば、伊達政宗は「月夜」、真田幸村は「桜花」、織田信長は「雲竜」、沖田総司は「鈴蘭」、高杉晋作は「梅花」、坂本龍馬は「疾風」など香りをイメージしたタイトルなど、全15種類。




真田幸村や沖田総司などの練り香水の香りは、なんとなくイメージできると思いますが、サイトによると、織田信長の「雲竜」は、蘭奢待をイメージした華やかな伽羅の香り、坂本龍馬の「疾風」は、吹き抜ける風をイメージした爽やかな香りなんですって。

歴史好きは、自分の好きな武将や幕末志士の香りを感じれば、いつもあの方のおそばにいる気分に浸れそう。歴史好きでなくても、好きな香りを探してみるのにいいかも。

発売は、2012年11月30日予定です。

身にまとう戦国武将の香り。

お出かけのときはもちろん、おうちでのリラックスタイムのときには、目をつぶれば、ほら、あの時代に思いを馳せることができそうですよ。

羽紋屋 練り香水 [羽紋屋]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense