常山 剛

常山 剛

2

ぱあっと、リビングが明るくなりますねぇ。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花とは、よく言ったものですが、腰掛ける椅子そのものが美しい花ってのも乙なものです。旭川の匠工芸製オリジナル家具「PANSY」。一目でパンジーって分かりますね。

花の上に腰を掛けると、なんとなく背筋も伸びて、居ずまいもしゃんとするような気がします。かわいい姿とカラーとはうらはらに、クッションの心地もよく、置いたところは話に花が咲きそうな空間となりそうです。インテリアライフスタイルでの出品で、販売はこれからの模様です。

カフェテラス風な雰囲気をお求めならば、ちょっと腰掛けるのにちょうどいいフォルムの「MUSHROOM」もおすすめです。





組み立て式ですから、新築祝いや家族の増えたお祝い用のプレゼントにも。いえなかにちょっとした彩りをプラスできる家具をお探しのときにどうぞ。

PANSY、MUSHROOM匠工芸
2

常山 剛

1978年モデルの物書き・コピーライター・Web編集者。大学時代は古文書を読みつつ過ごし、卒業、就職、紆余曲折を経て、2006年からギズモード・ジャパンのライターに。2011年にはライフハッカー[日本版]編集長。2012〜2013年は、まいにちの家路をたのしくすべくroomie編集長へ。目下の趣味は帰宅と猫の爪切りです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking