日常の調理に欠かせない器具の代表格、おたま

汁物に浸したあとのおたまをどこに置くか」というのはその人の性格を端的に表すような気がします。

気にせず直接シンクの上に寝かせちゃう? 鍋に入れっぱなしにする? 小皿を置いて枕にしてから寝かせる?

1人暮らし用の狭い台所というのはシンクも猫の額ほどの面積なので、いずれにせよ「鍋から出したおたまの滞在場所」はちょっとした悩みどころであったわけです。

しかしそのような問題をなかったことにする、画期的なソリューションがありました。

おたまが立てばいいんじゃない?

というわけで、デザインプロダクトショップ「h-concept(アッシュコンセプト)」の「Tate Otama」は、すっくと凛々しく直立しております。

これからの季節、カセットコンロを持ち出してコタツでお鍋なんてする機会も多いかと思いますが、狭い食卓の上でも邪魔にならないっていうのはなかなか気が利いていますよね。

おたま単体の旧バージョンは発売済み、おそろいの小皿が付属している新バージョンは2012年11月上旬に発売予定です。

Tate Otama[アッシュコンセプト]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense