SHARE

海外の遊園地やアーケードなどでよく見かける、ガムボールマシン。色とりどりのガムに、なんだかワクワクしてしまうんですよね。

「The 14,450 Gumball Machine」は、その名のとおり、約14,450個のガムを入れることができるガムボールマシン。単純に計算してみると、1日に10個のガムを食べても4年かかっちゃいます!

通常はコインを入れてハンドルを回すと、ガムが出てくる仕組みになっていますが、こちらはガムを出すのにコインはいらないのだそう。また、上部にあるふたを開ければ、簡単にガムを補充することができます。

自宅に置くのはもちろん、オフィスやお店などで楽しむのによさそう。もしくは、お子さんのお誕生日やクリスマスプレゼントに。

基本的にサイトの商品自体は日本に発送可能ですが、ガムボールマシンは大きさや重さがあるので、購入のご連絡をいただいたら、相談しましょうとのこと。

子どもはきっと大興奮。大人も少年少女だったあの頃にタイムスリップすることができそう。

さあ、夢とロマンを求めて、大人買いしませんか? でっかいガムボールマシンを!

The 14,450 Gumball Machine [Hammacher Schlemmer]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense