SHARE

ワインの種類はさまざま千差万別。

好みのワインを選ぶのはむずかしいものです。基本的には飲んでみるしかないのですが、最初に注意したいことは辛口と甘口。

甘口、辛口って、どんなことを基準に分けられているのでしょう。

アサヒビールの「アサヒワインコム」によれば、以下の通り。

発酵によってブドウ由来の糖分がアルコールに変わりますが、この糖分がアルコールに変わる程度によって、甘口、辛口が決まります。糖分をほとんどアルコールに変えてしまえば辛口のワインになり、まだ糖分の一部しかアルコールに変わっていないうちに発酵を止めてしまえば、糖分が十分残った甘口のワインになります。

甘口のワインは発酵が進んでいないので、ジュースのように口当たりがよく飲みやすい。そして辛口のワインは発酵しているので、アルコールが強く感じられることでもあります。

納豆でもチーズでもキムチでも、発酵食品は発酵が強くなると独特の風味が増します。それがいいという方もいますが、慣れないうちは、あまり発酵していない甘口のほうが口当たりがやさしいです。

これは筆者自身の若いときの失敗です。

甘い酒は自分の口には合わないと考えて、辛口のワインを選んでいたんです。ところが、飲んでも飲んでも、おいしいワインに巡り合わない。

実は、ほんとうに好きだったのは辛口のワインでなくて、甘口のワインだったんです!

それを知ったときの驚き。ワインは辛口でないとダメだなんて思い込んでいたのは、浅はかな思い込みでした。むしろ若いあの頃は、味の深みをわかっていなかったのかも…。

いま大好きなのは、ドイツのモーゼル地方の「コッヘマーローゼンハンク」という白ワインです。1本1500円くらいで、比較的手ごろな価格です。



このワインはリースリングという種類のブドウでできているので、「コッヘマーローゼンハング」が手に入りにくいときには、リースリング種の「シュワルツカッツ」なんかもおすすめです。

そろそろボジョレ・ヌーボーも解禁です。ご自宅でぜひいろいろなワインを試飲して楽しみましょう。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense