おうちで使う日常の道具によいものを選ぶことは、生活における最大のぜいたくです。

日常的に使うワイングラス。ワイングラスは大別して白ワイン用、赤ワイン用、シャンパン用と種類があります。白は小ぶり、赤は空気に触れやすいように大ぶり、シャンパンは泡がなくならないように細身が基本。グラスを変えるだけでも味は変わります。

家飲みの場合には、ワイングラスにこだわってみてはいかがでしょう!

ワイングラスといえば、リーデルのグラスが有名です。

ワイングラス自体はマシンメイドの安価なもの(2000円~)も多数ありますが、お家飲みならぜひハンドメイドを選んでみてください。価格はマシンメイドのものと比べると数倍はしますが、十分に買う価値があります。



なにが違うのか。それは薄さです。

ノギスで実測してみたところ、こんな感じでした。

コーヒーマグカップ 3.55mm
素人のハンドメイド 3.45mm
市販品(HOYA) 1.80mm
プロのハンドメイド 1.25mm

手作りの薄いワイングラスは、やわらかく華奢な存在感で、ワインの味を妨げません。同じワインでもグラスが変わると味は2割増! です。

ハンドメイドのグラスは高価なので、高級ホテルや高級レストランでもほとんど使われません。不特定多数の人が扱うには、華奢すぎるのでコストパフォーマンスが悪いんです。

その点、自宅でハンドメイドのグラスを愛用すれば、丁寧に扱い、使い込むうちに自分の宝物にできますよ。リーデルのグラスのご購入はこちらから。この中でハンドメイドのものを選んでみてください。

家で飲めばお酒の予算を安く抑えられる分、グラスにこだわれる。これぞお家飲みのぜいたくですよね! 

RIEDEL

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking