SHARE

約束の時間や電車の時間。何かと時間に追われる毎日。

「世界一時間に正確」といわれる私たち、日本人のことですから、1日のうちに何度も時計を見る機会があるに違いありません。

だからこそ、お休みの日だとか、おうちにいる日くらいは、時間に追われない生活を送ってみませんか。

「Minimal Analog Watch Design」は、文字盤がなく、余計なデザインもない、大体の時間がわかる腕時計のコンセプトデザインです。アナログ時計の文字盤である部分が透明になっていて、時間を表す「針」はスチール部分にある歯車とチェーンによって回転するのだそう。

夜はこんな風に光ります。

文字盤がデザインされていないので、ざっくりとした時間しかわからない時計。もしかしたら、パッと見たくらいではざっくりとした時間さえもわからないかもしれない時計。1時間くらいずれていたって気にしない。ランチの時間さえわかればいい。

時間をまったく見ない生活は難しいかもしれないけれど、時にはそんな風に、時間に追われることなくゆったりとした時間を過ごしてみるといいかもしれませんよ。

枕元やベッドサイドに置いた「最低限」なデザインの時計を相棒に。

Minimal Analog Watch Design [TOKYOFLASH JAPAN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense