一枚の紙が、スピーカーとして音を放つ。そんなことって、あるんですよ。

「KAMOME」という名のこのスピーカー。原理は至ってシンプル。音響機器と「KAMOME」本体(下の黒い部分)をつなぐと音の振動が棒から紙に伝わる、ただそれだけ。音質だって驚くほど良いらしい。サブスピーカーとして鳴らせばサウンドに広がりが出て、いえなかBGMはますます美しくなるそうです。



こんな風に、部屋のインテリアに溶け込んでしまいます。

しかもこれ、紙の部分は好きなデザイン、色、模様、形に取り換えていいんです。お部屋のインテリアとしてオリジナリティーを追求してもいいんです! すばらしい可能性を秘めたいえなかアイテムですよね。

現在、製品化に向けて準備中で、価格は2万円前後になる模様。

黒い羽にしたいなぁ。

KAMOME[PHONON]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking