子どもの頃使っていたポケットティッシュには、色がついていたり、模様がデザインされているものもありました。そんなティッシュを持つと、なんとなくうれしいものでした。

そして今、おうちで使うボックスティッシュといえば、一般的に白い色の紙で、模様がないものが多いと思います。そんなボックスティッシュから、虹色の紙が出てきたとしたら……。

日本が誇る伝統工芸「七宝焼」の美しさをイメージして作られた「七宝ティシュー」が発売されたようなんです。

七宝とは、仏教の経典で説かれている「七つの宝石(金、銀、瑠璃、シャコ貝、メノウ、真珠、マイエ)」に匹敵するほど美しいことから、その名前がつけられたそうで、このティッシュも赤、橙、黄、緑、水色、青、紫の七色のティッシュを取り出すことができるようになっています。

色だけでなく、きめ細かい肌触りということから、ぜいたくな気分が味わえそう! そして鼻をかむにはもったいない気がする……。

結婚式やパーティーなど、大切なお客さまをおもてなしするときに、いいかもしれません。お店やホテルに置いてあったりしても、うれしいですね。

どんなすてきなティッシュなのか、一度手にとってみたいものだなぁ。

七宝ティシュー [大昭和ファースト株式会社]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense