SHARE

いしたにです。「家を考える」第2回です。第1回は家の中を考えるということで「間取り」について考えてみましたが、今回は家の外側のことを考えてみます

そもそも、みなさんは、自分の家を外側から見たことがあるでしょうか? 玄関の周囲は、さすがに毎日見るとは思いますが、他の場所、それも屋根の上なんてところは、自分の家でも、実物をほとんどの人が見たことがないんじゃないかと思います。

現在、大絶賛・人気沸騰で開催されている「特撮博物館」。この展覧会に人気が集まっている理由はいろいろとあるのですが、チケットを買った人たちが確実に楽しみにしているのは、会場地下1階に巨大なサイズで鎮座するミニチュアセットです。ありがたいことに、このコーナーは撮影可能です。





東京タワーを中心として、都市が壊滅的なダメージを受けている様子を表現しているこのミニチュアセット。





しかし、ここをつぶさに見ていくと、一番数多く作られているのは、われわれが、もしくは一昔前のわれわれが住んでいたような住宅です。





この、家を上空から俯瞰した絵。子供の頃、特撮ものを見る楽しみのひとつにこのミニチュアの風景がありました。





ところが、今われわれは、この俯瞰の絵を、日々見続けています。言わずとしれたGoogle EarthGoogleマップによるイノベーションのおかげです(もうひとつのイノベーションであるストリートビューについては、いつかとりあげる予定です)。





Google本社・支社・イベント会場などで目の当たりにできるLiquid Galaxy

Googleのおかげで、それまではまず見られなかったものを、今われわれは住所を検索するだけで見られます。私も、自分が住んでいるマンションの屋上に入ったことはありませんが、Googleマップでは何度も見たことがあります。だから、そんなこんなでこういう写真はすっかり見慣れてしまいました。それ以前にも、家を上空から見るなんてことは、テレビや映画の世界であったのに、です。

でも、ここでふと冷静になってみると、テレビや映画という作り物の世界。Googleマップで見る現実の世界。でも、われわれは、実際に自分の目では、どちらも見ていないのです。なんともおかしな感じです。そして、そんなおかしな感じになっているわれわれが、またそのおかしな感じを半ば根拠にして、家のことを考えなくてはいけないのです。なんという困ったことでしょう。

「別に、家で大事なのは内側で、外側のことなんてどうでもいいじゃん」との意見もあるかもしれません。それはそれで、とてもよくわかります。ところが、われわれはやっぱり自然や土地という環境から無縁で生活することは、やっぱりできないのです。

Googleマップのおかげで、われわれの手元に家を外側から考える材料は提供されています。困った現実を受け入れつつも、まずは自分が今住んでいるところ、過去に住んだことがあるところのGoogleマップを眺めることから、まずは始めてみませんか?



編集部より:いしたにさんの新刊『あたらしい書斎』が、本日9月21日にインプレスジャパンから発売されました! 「どこでも仕事ができてしまう時代だからこそ、もっとも集中できる『書斎』が必要だ」との言葉に込められた、書斎への思い。考え方。そし数々の書斎を巡る対談など、「現代に生き、働き、学び続け、考え続ける人を支える装置としての『あたらしい書斎』のあり方を提案」する一冊。こちらを、roomieの読者様4名にプレゼントいたします。ご希望の方は、roomie@mediagene.co.jp宛に、メールタイトルへ「『あたらしい書斎』プレゼント応募」と記入して、「お名前」を本文に記載の上、メールをお送りください。当選者には折返し、編集部よりご連絡します。締切は9月末日まで。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense