SHARE

年々性能がよくなる洗濯機や、汚れ落としから除菌消臭までできる洗剤。誰でもラク~に洗濯できるようになったはずですが、色移り縮みニオイなど洗濯にまつわる失敗や悩みは定番化しているようです。一度失敗すると、「洗濯は苦手」と思ってしまいますよね。失敗せず上手に仕上げるには、洗濯前のひと手間がポイントです。

そのひと手間とは、

1) 衣類の絵表示をチェック

縮み、色移りなどの失敗を防ぐためにも、まずは衣類についている絵表示の確認が大事。水洗いOKなのか、洗剤、洗うときの水流など、どのように洗うべきかが表示してあります。

2) 部分汚れやシミ、ほつれなどの確認

袖口や首周りなどは部分汚れしやすい場所。また、食べこぼしなどのシミがないかもチェックしましょう。すっきり洗い上げるためにもシミや黄ばみには前処理を。液体洗剤や漂白剤などを直接塗りこんだり、専用洗剤を使うのもいいでしょう。ほつれも前もって処理しておくと、洗濯中にひどくなることを防げますよ。

3) 洗濯ネットをうまく活用する

手洗いマークやデリケート素材のものは洗濯ネットを使いましょう。スパンコールやビーズなどがついているものは裏返しておくといいですよ。きちんとたたんでから容量にあった枚数をいれることが大事。つめすぎると汚れ落ちが悪くなるので要注意です。

事前準備ができたら、絵表示に合わせた洗濯コースを選んであとは洗濯機にお任せ。

洗濯じわを防ぐためにも、洗濯が終わったらすぐに取り出しましょう

そして、次にポイントとなるのが干し方です。

素早く乾かすには風通しのいい場所に干すこと。部屋干しでは扇風機をうまく活用するといいでしょう。また、陰干しがよいものもあるので、ここでも絵表示をチェック。ニットなどのびやすいものは、たたんで干すなど工夫しましょう。

基本を押さえて上手に洗えば、お気に入りの洋服たちを長持ちさせることができますよ。

なるほど!暮らしのマイスターライオン株式会社

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense