林 美由紀

林 美由紀

370

水の中をゆったりと泳ぐ魚たちやふわふわ浮遊するクラゲ。

水の中の世界って、眺めているだけで、どうして、こんなにも癒されるんでしょうね。

もし、そんな水槽と暮らすことができたなら……。そんな夢を叶えた、水槽があらゆる場所に溶け込んでいるお部屋のギャラリーが紹介されていましたよ~。


リビングにかなり大き目の水槽。おそらく、真ん中にはまっているのはテレビ。あくまでもメインは水槽!


本棚にだって、水槽を埋め込んじゃう!


食洗機かと思いきや、水槽!


カウンターキッチンに座って、水槽を見ながら優雅に食事。


隣のお部屋との仕切りに、水槽のトンネル!


もちろん、一番リラックスできるお風呂でも。


こちらは、むしろ、お風呂というより海の中。


そして、おはようからおやすみまで水槽と。

いかがでしたか。こんな風に、水槽はあらゆる場所に溶け込むことができるんですね。

元サイトには、他にも、テーブルやテレビ台、洗面所やお手洗いなどにも溶け込んだ水槽たちの写真が公開されているので、下記リンク先も是非のぞいてみて下さい。

こりゃ、憧れの水槽ライフへの妄想も広がっちゃいますね!

No Room For An Aquarium? Think Again. 20 Unusual Places In Your Home For Fish Tanks.[If It’s Hip It’s Here]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking