SHARE

実りの秋。今年も新米の季節がやってまいりました。

おいしいお米をさらにおいしくいただくポイントは、やはり炊き方。水加減などが大事になってきますが、炊飯器の性能に頼る部分が多分にありますよね。私の母に言わせると「ガス炊飯器はおいしく炊ける」らしいのですが、強い火力の直火で炊き上げるガス炊飯器はひと味違うのかもしれません。

そのガス炊飯器に新製品が登場。10月1日に東京ガス・大阪ガス・東邦ガスの3社とリンナイが共同開発した、「かまど炊き」のおいしさを追求し再現したという新型ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)が発売されます(東邦ガスからは10月21日発売予定)。

その特長は、最高温度1,200℃の直火で強力に加熱し、釜全体を熱い空気で包み込みながら炊き上げることで、「かまど炊き」のような甘みが多く、ふっくらとしてもちもちのご飯に仕上がるのだそう。それは数値にも現れているらしく、ご飯のおいしさと相関関係の高い、甘み、香り、お米の粘りが、従来のガス炊飯器(リンナイ製RR-MRT(A)シリーズとの比較結果)よりも甘みで約31%、香りで約3%、粘りで約13%アップしたそうです。

調理方法やお米の種類などに合わせた炊き方が選べ、中でも「白米急ぎモード」を選べば、洗ってすぐのお米を蒸らし時間を合わせても約28分で食べられるように。

希望小売価格は5合炊きタイプが76,650円(税込)、1升炊きタイプが82,950円(税込)。直火&高火力でおいしく炊けて、しかも節電にも貢献できるのは得した気分になれそうですね。

新型ガス炊飯器「直火匠(じかびのたくみ)」の発売について[東邦ガス株式会社]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense