Photo via PCMAG.com

お部屋の模様替えをするときに、Excelが使えるってご存じでしたか? ライフハッカー[日本版]で紹介されたこの小技のネタ元、米誌「PC Magazine」では、『Microsoft Excel』を方眼紙に見立てて、インテリアレイアウトに使う方法が紹介されていました。Excelをインテリアレイアウトに使うための設定は次の通りです。

  1. Excelで新規のワークシートを開く
  2. 「Ctrl+A」を(Macなら「Command+A」)押し、ワークシート全体を選択する
  3. ツールバーの「書式>列(c)>幅(w)」を選び、列幅に「1」を入力する
  4. ツールバー「書式>行(r)>高さ(e)」を選び、行の高さに「9」を入力する

これでExcelのセルが正方形に。頭の中でイメージするだけでなく、Excelを使って1度レイアウトをイメージしてみると、モノを動かし始めてから「あれ?これを置くスペースがなくなっちゃった」なんてこともなくなるはず。次はどんなレイアウトにしようかなと妄想するだけでも楽しめそうですね。

roomieの兄弟サイトライフハッカー[日本版]では、Excel以外にも無料で使えるWebツールが紹介されていますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

Excelを使ってインテリアレイアウトをする方法[ライフハッカー[日本版]]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking