西野 道子

西野 道子

乾電池を使わず充電も要らない、なんと水と塩で発電するLEDランタンが登場!

とってもエコなランタンの秘密はマグネシウムの金属棒。本体に塩水を入れることでマイナス電極であるこの金属棒からイオンが溶け出し、マイナスからプラスに移動することで電気が発生するというわけです。


約8時間ごとに塩水を交換すれば金属棒1本で最長120時間も使えるうえに、発電した電気は付属のUSBケーブルを使ってUSB機器への充電もできるというのも見逃せないポイントです(電流値によっては充電できない機器もあり)。

乾電池やバッテリと違って自然放電の心配もないので、非常時にも最適。海水でも発電できるので海水浴などのアウトドアにもぴったりですね。

発売は9月中旬予定だそうです。

LEDランタン|GH-LED10WBW株式会社グリーンハウス

西野 道子

就職情報誌や住宅情報誌、主婦向け情報誌など雑誌のコピーライターや編集を経験後、映像プランナーやWEBサイトの企画やプロモーションに携わる。家族の影響で時代劇を観て育ち母親のお腹の中にいるときから旅行に出かけていた、古いものと着物と日本文化と旅行が大好きな歴史好き。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking