西野 道子

西野 道子

いかに食品を長持ちさせられるか、おいしく保存できるかということが、今の冷蔵庫の進化のポイントになっていると思うほど、さまざまなメーカーから食品保存に注力された冷蔵庫が出ていますよね。

その中で日立の冷蔵庫といえば、真空の力で食品の酸化を抑え新鮮に保存できるという「真空チルドルーム」が大きなポイント。9月13日(木)から順次登場する「スリープ保存 真空チルドSL」シリーズは、新たに食品を眠らせるように保存するスリープ保存」を採用。

聞き慣れないこの「スリープ保存」とは、炭酸ガスの効果で野菜の呼吸を抑制したり、肉・魚の表面にある酵素の働きを抑制して、鮮度低下を遅らせる保存方法らしく、従来品(2011年度モデルR-B6700)よりも肉・魚の鮮度劣化や野菜の栄養素の減少を抑えられるのだとか。

また、冷却器に付着する霜の冷気を活用して冷やす「フロストリサイクル冷却」に加え、冷やし過ぎを防ぐ新冷却方式の省エネ性能もアップ。

「R-C6700」「R-CX6700」は冷凍室と野菜室の収納量が増え、業界最大の定格内容積670Lというゆとりの大容量。2Lペットボトルはもちろん、鮮度をキープしやすいたて収納も可能に。キッチンに美しく映える「クリスタルミラー」も高級感を演出します。インテリア性も備えているデザインなのがうれしいですね。

実りの秋、旬の食材をおいしく保存したいあなた。検討してみてはいかがでしょう。

日立アプライアンス株式会社

西野 道子

就職情報誌や住宅情報誌、主婦向け情報誌など雑誌のコピーライターや編集を経験後、映像プランナーやWEBサイトの企画やプロモーションに携わる。家族の影響で時代劇を観て育ち母親のお腹の中にいるときから旅行に出かけていた、古いものと着物と日本文化と旅行が大好きな歴史好き。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking