値段が高い? 会社から遠い? 細かいことは気にしない!
思わず暮らしを想像したくなるような、かっこいい物件を紹介していきます。

今回紹介するのは横須賀市にあるお宅、その名も「Wind-dyed House」。崖の上に立っているため、目の前に障害物はありません。そしてテラスから見えるのは絶景の海。通りから見えるのは日本の平屋のような2階部分のみ。環境にもしっとり溶け込んだ外観です。

玄関のある2階部分にはキッチンとダイニング。そして窓の向こう側には腰がかけられる縁側。さらに縁側の奥にはウッドデッキで作られた階段状のテラスが続いています。その下の1階部分にはリビング、ベッドルーム、和室、そして海が一望できるお風呂。2階部分の床にはフローリングが使われていましたが、1階には石が使われており、2階とは違った空間になっています。

長屋を思わせる外観、土間の様な駐車場、和紙を使った間仕切りなど、日本ならではのアイデアが満載の建物です。

さらに写真をご覧になりたい方はこちらからどうぞご覧ください。

Wind-dyed House [via arch daily], [acaa]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense