ついつい集めてしまう小物や雑貨を、毎回一つのテーマでくくって紹介をしていきます。

今回のテーマは「名盤CDジャケット」です。部屋に飾りたくなるような「アートなジャケット」を集めてみました。今のデジタル世代の人はCDを買うことはあまりないかもしれません。しかし、今のようにインターネットが発達する前はCDのジャケットやアートワークは、アーティストの感性を表現する重要なものでもありました。

今回はそんな感性むきだしのCDジャケット(レコードジャケット)をいくつか選んでみました。ジャンルはロックの名盤のみに絞り込んでいます。ご了承ください。


Beatles / Sgt.Pepper’s Lonely Hearts Club Band

Beatles / Revolver




Beatles / Abby Road

ビートルズのアルバムから3枚です。どのアルバムも説明不要の名作ジャケットです。



Pink Floyd / Dark side of the Moon




King Crimson / In the Count of the Crimson King




Yes / Fragile

プログレッシブロックから名作ジャケット3枚。プログレのジャケットはどれもこれも名作ばかりです。音楽同様アーティストのこだわりが強く表現されています。



Rolling Stones / Sticky Fingers




Velvet Underground & Nico / Velvet Underground & Nico

アンディウォーホールのデザインから2枚。これらはレコードでしかできないデザインとなっており、上のRolling Stonesは実際のジッパーがついていて、下のVelvet Undergroundはバナナ部分がシールになって剝がすことができます。



Nirvana / Nevermind




The Clash / London Calling




Sex Pistols / Never Mind

誰もが一度は見たことがある有名ジャケットを3枚。お部屋がちょっとロック風になるはずです。



John Lennon Ono Yoko / Double Fantasy




Bob Dylan / The Freewheelin’

最後は温かい気持ちにさせてくれる、個人的に好きな2枚。

いかがでしたでしょうか? 紹介しきれない名作はまだまだあります。「アレが入ってないし!これも入ってない!」と思いの方もいると思いますが、それはまた次回の機会に。

見つけるのが大変ですが、CDではなくレコードを飾るのもおすすめです。CDより大きいのでよりアートとしてジャケットを楽しめますよ。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking