林 美由紀

林 美由紀

みなさん、お気に入りのカメラを持っていますか?

カメラは映像を記録する道具。誰でも簡単に使える携帯電話のカメラ、デジカメ、一眼レフと、種類はさまざまですが、「撮りたい」という気持ちが湧けば、どんな腕でもカメラでも、それは楽しいカメラライフとなっていくに違いありません。

今回ご紹介する「necono digital camera」は、変なデジカメが好きな人なら、きっと好き。そのまんま、ネコ型カメラです。

右目がレンズ、左目がセンサーになっていて、まるでネコが写真を撮っているような視点で、写真やムービーを撮ることができます。でも、このカメラには高性能な機能はついていません。「デジタルハリネズミ」直系の「いい味」が特徴とのことで、白く飛んでしまう写真、被写体がブレたり、ゆがんだり、そんな「気まぐれ」な写りを楽しむのによさそうです。

足の部分には磁石がついているので、いろんな場所にピタッとくっつき、横になったり斜めになったり逆さまになったり、いろいろな角度からの撮影が可能。セルフタイマーや、インターバル撮影機能を使えば、面白いシャッターチャンスが訪れそう。アマゾンでご購入できます。

一見、カメラに見えないこのネコ型カメラ。おうちのお気に入りのスポットを撮影したり、一緒にゆるゆるお散歩するときっと楽しい。明日は、どんな一瞬を、どんな風に写してくれるのでしょう。あなたのお気に入りカメラに仲間入りするかもしれませんよ。

necono digital camera [Superheadz]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking