SHARE

理論的には可能ですが、実際にやるとこんな感じです。

MOMAコレクションとしても名高い、Gerrit Rietveld氏の「Red Blue Chair」を、LEGO化したのがこちら。





残念ながら座り心地は図りかねますが、突起が臀部を受けとめてツボを刺激してくれる…かもしれません。でもLEGOブロックで、実際に使えるサイズの家具って一度は作ってみたいですね。こちらはオランダを中心に活動するデザインデュオ・mario minaleによる2004年発表作品で、本物の「Red Blue Chair」よりちょっと(6%ほど)大きめだとか。

ちなみにネタ元では彼らが2010年に発表した、リアルサイズLEGO机も紹介されています。






机の素材となったLEGOブロックの数は2万5000以上だとか。机の全体図は、ネタ元からご覧ください。

minale-maeda: rietveld LEGO buffet for droog[designboom]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense