SHARE

photo by MARTINA CARPELAN

部屋のレイアウトは、やっぱりおしゃれに決めたいですよね。でも、部屋の角に家具を置くと床にたまった埃を掃除するのにもひと苦労。ものはできるだけ減らしつつ、スマートにおしゃれにしたいところです。

そんな場合には、壁掛け型のラックや本棚がオススメです。例えばデザイナーMARTINA CARPELANの提案するブックシェルフの一つにKULMAというものがあります。

デッドスペースになりやすい部屋の角の上部に、谷型のラックを設置。ここに本を置いてみたり、小さな植物や電池式の小さな照明を置いてみたり。大きな観葉植物や電気スタンドを置くよりもシンプルかつスマートです。

世界のデザイナーの発想はインテリアの参考になりますね。

KULMA [MARTINA CARPELAN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense