「いただきます」のたびに、お世話になるお箸。

黒檀、柴檀、鉄木、つげ、楓など、強くてしなやかな銘木から作られたお箸は、昔から人々に愛され、手にしっくりくる憧れの的。そんな私たちの文化の1つである「お箸」は、いまや、ChopSticksとなり、世界中で利用されています。そうして世界に渡ったお箸たちは、その自由な発想のもと、楽しくポップなデザインのものもたくさん誕生しています。

今回、ご紹介するのは、まるでフラミンゴのような姿のカラフルなお箸。体の部分は、お箸の先端を入れるキャップになり、箸置きにもなります。足の部分であるお箸は、長く美しい。そして、先端部分は、滑り止め加工がされているようです。

使い勝手のほどはわかりませんが、ちょっとワクワクしてしまうのは確か。フラミンゴの姿は可愛いけれど、お箸を立たせて配置することは、普通ならなかなかしませんよね。でも、ChopSticksは自由なもの

たまには、お作法は気にせず、食事を楽しく食べられるアイテムとして、遊び心のある演出をしてみてもいいかもしれませんね。

Master Crane Chopsticks and Chopstick holder [holycool]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense