SHARE

夏の猫ベッドレビュー、第2弾です。

我が家のシマシマ記者も、ご多分に漏れず段ボールが大好き。寄っかかりすぎて形の歪んだキャットフードの箱の中や、中途半端な閉じ方をしている箱の上でゴロリとするのが日課です。先日記事にしたラタンベッドは三毛猫記者がお気に入りのため、シマシマ記者用に一つ新調することとなりました。そこで選んだのがキャットボウル

事前に検索すると、こんな切ない動画も見つかり(猫様にはたいへんよくある話ですが)、使ってくれるかどうか、丸まってくれるかどうか、少々不安でしたが、設置してから数日。普段の寝床付近にそっと置いておいたキャットボウルに、丸まってくれました。抱きかかえて無理矢理ボウルに入れず、目に付くところに置いておいたところ「なんだこれ」と、自然と気にしてくれたようです。中身は組み立て式になっており、工具不要で作れます。所要時間は15分程度。

シマシマ記者が入っているのはキャットボウルのドーナツタイプ(サイズM)。三毛猫記者は、シマシマ記者が入っているところに入りたいようで、ちょっかいをだしていました(動画の1分10秒ごろ)。




段ボール好きの猫様には、キャットボウル、おすすめです。

キャットボウル ドーナツ M [Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense