SHARE

Photo bysekigahara1600

夏ですね。蚊が鬱陶しいですね。

蚊取り線香や電気蚊取り器を仕掛けてなんとか対処していたとしても、部屋の中で「ぷぅ~ん」と飛んでいたら、やっぱりやっつけたくなるもの。でも、手でたたこうとしても、なかなかうまくいきません。手も汚れますしね。痛いし。

筆者はもっと手軽に、簡単に蚊を退治しています。それは、昔ながらに「団扇(うちわ)」を使う方法です。

2枚の団扇を両手に持ち、蚊を見つけたら勢いよく挟みます。これが意外と確率が高い。この方法だと、手を痛めることもありませんし、汚れません(手と手が勢いよくぶつからないように注意してね)。

もし団扇が1枚しかない場合は? 大丈夫です。1枚あるなら、それで飛んでいる蚊を思いっきりひっぱたいてみましょう。空気抵抗で蚊がよけてしまうのではないか? と心配するかもしれませんが、これが意外にも、ヒットするんです。団扇に蚊がぶつかる音すら、しっかり聞こえるんですよ。壁際を飛んでいるなら、団扇で「ぱぁーん!」とたたいてみてください。

ヒットした蚊はほとんどの場合つぶれることもなく、「ひょよよ~っ」と床に落ちます。あとはティッシュでお掃除しちゃえばいいのです。

ぜひお試しください。

 

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense