roomie編集部に寄せられた、お三時を淡々と紹介いたしますよ。

本日は、浅草雷門前にお店を構える、和菓子の老舗・龜十の「どら焼き」です。どら焼き好き界隈では定番中の定番で、ご存知の方も多いかと。

お味はベーシックな黒あん(つぶあん)と白あんの2種類。やや大きめなサイズに目が行きがちですが、注目すべきなのは、あんを包んだ「皮」。よくあるきめ細かいスポンジ状の皮とは一線を画した、もっちりしたシフォンといった趣き。これが濃いめのあんのお味と相まって、極上のハーモニーを生み出します。ボリュームも満点で、小腹でしたら二腹くらい満たせそうです。編集部の女性陣にもおすそ分けしたところ「事前の想像の10倍ほどおいしかったです!」「どらやきヤバイですよね、これまでのどらやきでNo.1でした」とのコメントをいただきました。

お取り寄せはお店への電話問い合わせにて。また、新着情報のページに百貨店催事スケジュールがありますので、こちらをご覧ください

どら焼き[龜十

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking