Photo by Noelas

おうちでくつろげる椅子といえば、やっぱりなんといってもソファではないでしょうか?

一人暮らしの場合は、よりいっそう「くつろぎ感」重視。ですが「くつろぐ」っていう感覚はどういうときに生まれるのでしょう? やっぱり、肩の力がいい感じに抜けている状態、ってことですよね。

ある日、友人のうちにお招き預かることになり(というのはウソで終電がなくなり押し掛け女房状態)、なにげなく玄関にたたずんでいると、友人は部屋にある大きなクッションを見ながら「これに座っていていいよ。どーぞ」なんていうではありませんか。これって、これ? この? なんとなく大きすぎるクッションという感じのものです(65×奥行き65×高さ43cmです)。

そして、座りました。すると…。ふんわり。まるで砂に手を入れたときの感触によく似ています。私の体にクッションがフィットしていくではあーりませんか。これはすごい。体が包まれる感覚が、なんともいえない安心感。
 
あっというまに四角いクッションが、徐々にソファに変形していきます。まさにイリュージョン。というより、おしりがなかなかずぶずぶと入っていくので思わず笑ってしまいます。あ、これ、中に超微粒子ビーズが入っているビーズクッションなのですね。しかも固い面と柔らかい面を置き換えると、今度はしっかりと座れます。二刀流です。やりますね。

残念ながらお勉強やお仕事には不向きなようです。リラックス専門、ソファということでくつろぎたい人に、ぜひどうぞ。

体にフィットするソファ[無印良品ネットストア]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense