SHARE

先日「大人の修学旅行」として気仙沼へ行った先でいただいたレシピをご紹介します。

気仙沼の基幹事業である「漁業」。鎌倉を代表する10人の料理人たちが、被災地支援として気仙沼の海産物を使ったレシピを出しています。プロの作り方がわかりやすく書いてあり、私自身とても重宝しています。




その中でオススメするのが、かつおだしのほうじ茶ご飯ご飯どろぼう(かつお節のつくだ煮)です。

[材料](4〜5人分)

A ご飯

・かつお節 100g
・緑茶(ほうじ茶でもOK) 50g  
・米4カップ
・水2L  
・塩小さじ1
・だし用の紙パック

B つくだ煮

・しょうゆ
・酒
・みりん
・砂糖(できれば粗製糖)
・ごま油
・ごま 各適宜

[作り方]

1. 緑茶をフライパンか鍋で、色が茶色っぽくなるまで弱火でじっくり煎る(焙じる)。 ほうじ茶であれば、この工程はカット。

point 1 茶葉の水分を飛ばします。焦がさないように注意。

2. 沸騰直前の湯にかつお節を入れ、弱火でフツフツと5分くらい煮出したら、ザルでこす(かつお節は5へ)。

3. 1を紙パックに入れて、だし2に浸しておく。

4. 米を研ぎ、粗熱のとれた3を4カップ半入れ、約30分浸しておいたら、塩を加えて炊く。

5. かつお節はだしをしぼって水分をなくし、Bを合わせて炒り、つくだ煮を作る。

point 2 お酒とみりんは、ほぼ同量に。調味料のバランスはしょうゆを一番多くするのがおすすめ。

point 3 炒りすぎないで、少ししっとりと水分が残っているくらいでよい。

6. ご飯がどんどん進む5のつくだ煮(ご飯どろぼう)を、4のほうじ茶ご飯にたっぷりのせて召し上がれ。

・お茶は、棚に眠っているものや、残っているものでOK。

・ご飯は土鍋で炊くと、香ばしさが一層高まっておいしいです。

・ご飯どろぼうの調味料は、カツオの味によって量を加減してください。

・さらに残っただし汁に塩を入れれば、おすましになります。

簡単だし、とってもおいしそう!!





その他にも特産の牡蠣を使ったものから、旬のカツオを使った一品など食材によってメニューが10品あってサイトを見ているとすごく面白いです。roomie読者の方もこのレシピを見てホームパーティーに一品加えてみてもいいかもしれません。

主宰の「つながる鎌倉プロジェクトは」、直接・間接・さまざまな気持ちや立場をつなげることで、鎌倉での暮らしの中で、継続的に復興を支援できる取り組みを考えている団体なのだそう。今回のレシピ企画も「鎌倉らしさ」がとても生かされています。これからの企画にも注目ですね。

鎌倉料理人×気仙沼 応援レシピProject [つながる鎌倉推進事務局]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense