SHARE

底の広い左側が、若いワインに向いた「ロート付デキャンタ アザリン」。スマートな右側が白ワインと熟成した赤ワインに適した「ロート付デキャンタ オゼリス」です。

ワインのデキャンタージュって意外と難しくありませんか? でもプジョーロート付デキャンタがあれば大丈夫。ワインの種類によって香りがふわっと広がるように開かせることができるため、毎日の夜酒もホームパーティーのときの乾杯もより楽しく、そして気持ちよくなりますよ。

秘密はスパイラル状のロート。ワインを広い口のほうにそそぐとデキャンタの壁面全体に広がって落ちていき、たくさんの空気と触れあって短時間で熟成を促せます。狭い口のほうにそそぐと、ゆっくりとデキャンタの底にたまっていくので、香りの拡散と酸化を抑えることができるそうです。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense