MYLOHASより転載 : 実は、LED電球と白熱球では同じ灯りでもずいぶん違いがあることをご存じですか?

省エネ対策のためLED電球にかえたことで、部屋の雰囲気が変わってしまったという話をよく耳にします。

それは、今までの白熱球は、ガラス球の中のフィラメントが発光して球全体が光っているように見えるのに対して、LEDの灯りは直線的なため。

例えば、ペンダントライトのようなセードのある照明器具の電球を、白熱球からLED電球にかえた場合、白熱球の時はセード越しにぼんやり灯りが漏れていますが、LED電球だと、セード越しの灯りはあまり感じられず、真下に光が射すように点灯します。これではせっかくの団欒が悲しい雰囲気になってしまいます。

最近では、これを改善した、白熱球のように全方向から光がでるLED電球も出ていますので、購入時には要チェックです。

▼部屋の雰囲気をアップするLED電球の選び方

部屋の雰囲気をアップするためには、明るさが必要な場所(作業する場所など)と、そうでない場所での使い分けが大切

日本の住まいの灯りは部屋全体を照らすモノが多いため、ヨーロッパなどに比べると明るすぎる傾向があります。

カラダと心のスイッチを切り替えるためにも、帰宅後から寝るまでの間は、灯りを落としたライティングでリラックスモードを演出するのもいいはず。

全部屋を暗くするのは難しくても、ゾーンごとに灯りを調整することで、夜の室内の雰囲気をぐっと素敵にすることができますよ。

★ポイントは灯りのメリハリ!

ソファ: 読書灯の代わりのフロアライトを

食卓: ペンダントライトや、小さなダウンライトで食卓のみを照らしたり、キラキラとした灯りで、食事をより美味しそうに演出するハロゲンライト(※)がぴったり。食卓上部のガラスのペンダントには全方向型のLEDや電球型蛍光灯の電球色を

※ハロゲンライトは白熱球よりは省エネですが、LEDタイプのハロゲン照明も最近は販売されるようになってきています。

作業部屋:作業しやすい白色の蛍光灯を

などなど、適材適所でかしこく灯りを使い分け、素敵は食卓を演出しましょう。メリハリをつけた灯りの使い方で省エネにもなって、立体的な空間演出もできて一石二鳥! ロマンティックな灯りで節電ナイトを楽しんでみませんか。

ネタ元はこちらの記事から

(滝川良子)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense