SHARE

カウンタータイプのシステムキッチンって人気がありますね。台所作業をしながらダイニングやリビングの家族の様子が見られることや、ゲストがいてもカウンターの向こう側のシンクは目に入らない、というメリットもありますし、朝食はテーブルではなくて対面式のカウンターで優雅に、という方も少なくないようです。

しかしながら、一般的にカウンター式のキッチンは調理スペースが狭くなり、追い込まれ感があることが多く、何とかならないかという声もあるようです。

例えばダイニングと一体型のキッチンの場合には、一般的にはキッチンスペースが奥にあることが多いですね。そして奥に行けば行くほど出入りしにくくなり、閉塞感もあります。「お手伝いしようか?」となっても、二人で作業するには狭くて厳しい。カウンターキッチンであっても調理場は意外と孤立してゆくものです。ゲストも何もできませんね。




そこで、もし「キッチンをリフォームしたい!」とお考えなのであれば、オススメなレイアウトがあります。それは、アイランド型キッチンを横向き(部屋の形状に沿った向き)にレイアウトする、というものです。

アイランド型キッチンというのは、シンクや調理台などが壁に設置していない、「島(アイランド)」のような形式のキッチン台のことで、周囲を回遊できます。

アイランド型キッチンであれば、どちら側からでも出入りができますので、家族揃ってキッチンの作業が可能になります。テーブルを隣接させて、ゲストが楽しくお手伝いすることもできます。

ところがアイランド型のキッチンにしたくても、スペースに十分の幅がない! ということも多々あり。そんな場合は、カウンター式のような「ダイニングに面したレイアウト」でなく、手前から入って奥にも抜けられる、部屋の形に合わせた「横向きレイアウト」にするのが効果的。もちろん、シンクの反対側にはカウンターを設けて、優雅なブレックファーストだってできちゃいます。




アイランド型キッチンとダイニングテーブルを一体化することで、テーブルとシステムキッチンが占める割合が全体として低くなり、家族も集いやすくなります。食卓から食器を運ぶのもラクチンで、子供達も自由に動けるようになりますから、全体的に賑やかになります。何よりも調理や後片付けをする人が孤立しない。これは大きなポイントです。

アイランド型でも調理中の匂いが部屋に充満しない高機能な換気扇システムも発達していますし、何よりも暮らしが間違いなく優雅になります。これはオススメですよ。

ちなみにトップ画像は「将来、家族がキッチンを回遊できるように」と、実際にアイランド型を採用されたお若い夫婦の新居です。これが大成功だったとか。目の付け所がいいですね。明るくて素敵なキッチンだと思います。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense