SHARE

▼おうちのベランダ、活用できていますか?

マンションやアパートにお住まいの方、少し思い出してみていただけますか。いまのおうちに初めて足を踏み入れた、物件探し中のあの日のことを。はずむ気持ちで家中を見て回り、窓を開けベランダに出て、「わぁ、ベランダもけっこうひろーい!」などとはしゃいでいたあの頃を。

そして時がたったいま、おうちのベランダはその頃と特に変わっておらず、「全然うまく活用できていない!」と嘆いている方もそこそこいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方にご提案です。おうち生活を楽しくするには、ベランダにもひと手間かけてあげましょう。おすすめはズバリ、「ベランダのお手軽・ウッドデッキ化」です!

▼ウッドデッキのメリット

ベランダをウッドデッキにすると、さまざまなメリットがあります!

その1:「見た目がおしゃれになり、居心地の良い空間になる」
いまは自分でぱぱっと敷くだけ・簡単の「ウッドパネル」がお手頃な価格で出回っており、安く手早くベランダの雰囲気を変えることができます。殺風景だったベランダが、雰囲気あるなごみの場に早変わり。おうちでの好きな場所が、ひとつ増えます。

その2:「節電につながる」
夏場のベランダはコンクリートの放射熱で相当熱くなり、夜もその熱気がこもり続けますが、ウッドパネルを敷くことにより熱の上昇が軽減され、エアコン代の節約にもつながります。グリーンカーテンとの合わせ技で、夏の節電対策に取り組んでみませんか。(参考記事:「キットで手軽に&プランターはおしゃれに! グリーンカーテン・デビューのススメ」

というわけで、本格的な暑さを迎える前に、わが家のウッドデッキ化に取りかかりたいところですが、まず気になるのは「費用」と「かかる時間」ではないでしょうか。

そこで実際、商品を探して、購入し、敷いてみました。

▼実践! ベランダにウッドパネルを敷いてみる!

今回、価格と見た目重視で商品探しをし、ネットショップ[おとぎの国]「ウッドパネル27枚セット」を、2セット購入しました。

そして、実際にかかった費用と時間は次のとおりです。

<費用>

「ウッドパネル27枚セット」:4,980円(税込み・送料込) ×2セット=9,960円

(※期間限定、数量限定、レビューを必ず書くという条件つきの価格)

ちなみにウッドパネル1枚の大きさは、29cm×29cmです。ベランダの大きさによって当然枚数や価格は変わってきますが、今回は画像をご覧いただき、「この程度の広さでこの程度の枚数や時間がかかるのか」と、気軽な気持ちで規模感をつかんでいただければと思います。

<時間>

1枚目を敷き始めてから敷き終わるまで、13分。ただし、箱を開けてパネルを出す時間も加算すると、ざっとトータルで15分

それでは論より証拠というわけで、時系列でご覧ください。

 ▽箱がこのような形で届きます。

▽箱を開け、中身を出します。

▽デジカメに時刻を入れて撮影しました。15:00ちょうどにスタート!

▽15:02 8枚、敷き終わりました。


▽15:04 16枚、敷き終わりました。

▽15:08 24枚、敷き終わりました。

▽15:13 完成!!34枚、敷き終わりました。

なんと敷き始めて13分であっさり完成です。確かに、置くだけですから。そして敷き終わってあらびっくり、予想以上に20枚も余りが出ましたが(だいたいのかんじで注文したツケ)、他の場所に使えばいいや! と能天気に気を取り直すおおらかさも必要かもしれません。

というわけで細かいことは気にせず、あらためて見てみましょう!

▽こんな無機質なベランダが、15分ほどのわずかな時間で…

▽木のぬくもりを感じるなごみの空間に大変身!

▽作業のシメは、やっぱりコレ!

いかがでしたか。

今回のケースにおいては、15分程度の時間と、1万円はかからない程度の費用で、節電にも大いに貢献してくれるすてきなウッドデッキのベランダを完成させることができました。

木のぬくもりを感じるベランダでお茶をしたり、寝そべって本を読んだり、ベランダ菜園を始めたり…と夢は広がるばかり。

もしもおうちのベランダが手つかずの状態でしたら、本格的な夏を控えたこの時期、15分と数千円でのウッドデッキ化をぜひご検討してみてくださいね。

取材協力:[おとぎの国]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

ヨリエ・スディラジェンコフ

ヨリエ・スディラジェンコフ

あわせて読みたい

powered by cxense