みなさんはウィスキーお好きですか? 僕は大好きです。

何年、時には何十年も熟成させられた芳醇な味と香り。くぅ~っ!原稿ほっぽり出していますぐ飲みたい~!!

さてそんなウィスキーに欠かせないのがホワイトオークを使用した樽。ウィスキーはホワイトオークの樽で長時間寝かせられることによって、あの独特の味や香りがでるのです。そしてその役目を終えた樽を加工して家具や小物などを作っているのがサントリーの「樽ものがたり」シリーズです。

使い終わった樽を分解し、「応力緩和」という技術を使用して曲がりをとりまっすぐな板材に加工。テーブルや椅子などの家具からフローリング、テーブルウェアやステーショナリーなどの小物まで、さまざまなものに変身させています。

商品はどれも、素材の自然な風合いを活かすような塗装が施されており、もちろんシックハウス症候群に対応した塗料を使用。いえなかで使うにも安心ですね。

生まれ変わった樽に囲まれた中でウィスキーを飲みながら、過ぎてきた何十年もの歳月に思いを馳せるのもいいですね。

サントリー 樽ものがたり

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking