5

photo by ayanas

マイスピより転載 : 観葉植物はお部屋のインテリアや風水には欠かせないアイテムになってますよね。

ただそこにあるだけで癒しになる観葉植物ですが、利便性と癒しを兼ね備えている植物も多く出回っています。どうせならそんな一石二鳥な観葉植物を置きたいものです。

そんな自室にもオフィスにも置きたい観葉植物いろいろをピックアップしてみました。

120328green02.jpg

電磁波をカットすることで人気になった「セレウス」はパソコンやテレビの周りに是非置いておきたいサボテンです。

目の疲れや頭痛といったテクノストレスを回避してくれるようです。サボテンなので水やりは少なく、日当たりを気にしてあげれば比較的育てやすいようです。

120328green03.jpg

日本では「虎の尾」の名で知られてる「サンスベリア」は観葉植物の中でも特に空気の清浄力が強いようです。

同じサンスベリアでも大きさや色の種類が豊富にあって、お部屋のテイストやスペースに合わせやすそうです。管理も簡単なので初心者向き。

ポピュラーなポトスもサンスベリアに並ぶ清浄力の強さだそうです。

120328green04.jpg

こちらはもっと女子っぽい。

お部屋の中で芳香を放つ「アロマティカス」は多肉植物のハーブです。

猫の肉球のようにぷくぷくしてさわり心地がよく、移り香が指につくのでつい何度も触ってしまいそう。日当たりがそこそこいい場所に置くと芳香が強くなるようです。

朝起きたらお部屋にアロマが広がってるなんて爽やかで素敵ですね。

120328green05.jpg

また、観葉「植物」と言っていいのか迷いますが、光触媒のフェイク植物は衛生面や持続力の点ではかなり高ポイント。

光触媒とは、光が当たることで化学変化を起こし、消臭除菌などの働きを出す物質です。そんな物質で造られたフェイク植物は置いてるだけでお部屋をクリーンにしてくれます。

造花なのでもちろん本物の土も水も必要ありません。その代わり光触媒スプレーをたまに吹きつけるだけで効果を持続させます。

筆者は何度となく観葉植物に手を出しますが育てるのは下手なようで、毎回私の邪気に当てられキャリーオーバーしてる様子。光触媒はそんな筆者のような人向きの植物(?)です。

観葉植物でも浄化しきれない邪気を放ちつつ、今日も元気にスピリチュアルな記事を書いていますが、いつか生の緑に囲まれた生活をしたいと夢見ています。

ネタ元はこちらの記事から

(スピたま)

5

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking