SHARE

窓辺で日なたぼっこしていると、いつの間にか猫が横に来てゴロンとしてたり、家族も読書してたり、なぜだか居心地のいい空間って、部屋の片隅だったり、ちっちゃな部屋だったり。気づいたら1畳くらいのスペースに、家族みんなが集まってるなんてことありますね。いえなかスポット用にちょうどいいサイズのブルーエアができました。その名も「ブルーエア ミニ」。

ブルーエアといえば、エレクトロラックスに在籍していたベント・リトリ氏が独立して創業した、スウェーデンの空気清浄機専業メーカー。国内主要メーカーの空気清浄機よりも小さなサイズの「0.1ミクロンまでの微粒子」を99.97%まで除去できるのが特徴です。従来品はけっこう大きなサイズのラインナップでしたが、新発売の「ブルーエア ミニ」は極端までに小さなサイズ。部屋の片隅だけでなく、リアルデスクトップやお手洗い、料理中のキッチンとか、ベッドサイドなどにちょうどいいサイズです。音も44㏈と静か。

部屋に据え置くのではなく、人の居るところに持って行く空気清浄機が欲しかった方にはオススメできるかと。本体前面にあしらわれたスウェーデン国旗も、かわいいですねー。

気になるお値段は、公式オンラインショップで12800円。6ヶ月使える交換フィルタは4200円となっております。

ブルーエア ミニ

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense