扇風機も、ただ首を振ったり、うなずいているだけでは、いられないようです。

羽無し扇風機超低消費電力扇風機など、ここ数年で、新しい扇風機の形が続々登場していますが、東芝からプラスアルファした機能をもった扇風機「F-LP10」が登場します。

「F-LP10」は温度と湿度を感知して、風量を自動調節してくれる「センサー自動運転」機能搭載。同時期に発売される扇風機・タワーファンのなかでも、最上位機種にあたる「F-LP10」のみに搭載されています。商品写真をみると、胴体部分に黒いセンサーがあるのが分かります。ここに2種類のセンサーがあり、温度と湿度を計測している模様です。発売は4月1日より。温度センサーと言えば、三菱電機のエアコンや除湿機に搭載されている「ムーブアイ」がありますが、

気になるお値段は、Amazonで16,790円。価格.comではもう少しお安い価格となっております。

プレスリリース[東芝ホームテクノ株式会社]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense