SHARE

「基礎までできてたら、もう建てるしかないでしょ、先生!」 そんな会話が聞こえたり聞こえなかったり…。

京都にあるPULL+PUSH PRODUCTSのモルタルシリーズ。実はこの土地(灰皿?)には3つの空間があり、それぞれに名前がついています。エントランスは階段を上った先にあり、一番大きいこの部屋は「SHOP」となってます。その次の部屋が「CAFE」。そして最後の空間が「GALLERY」という名前になっています。

武骨なイメージのモルタルという素材ですが、ストーリーを持たせることによってユーモアたっぷりの灰皿になってますね!

付属の砂利を敷くことで灰の汚れを防ぐことができます。たまった灰は砂利ごと洗ってしまえばオッケー!

タバコを吸わない人は小物入れとしていかがでしょうか?

KISO ASHTRAY[PULL+PUSH PRODUCTS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense