SHARE

「イエ」に「お花」は欠かせないもの。

身近にありながらも、毎日お花を飾るのは敷居が高い気もする。飾るのであればおしゃれにしてみたい。

そんな想いをかなえるために、恵比寿のスタイリッシュなフラワーショップ「point neuf」川口昌亮さんにお花を身近に生活に取り入れる方法を聞いてきました。

※ 川口さんのプロフィールはこちらの ABOUT US よりどうぞ

-そもそも、川口さんにとって「お花」とはなんでしょう?
自己表現の一手段ですね。

-撮影や展示会など多岐にわたって活動されていますが、どんなところでアレンジメントの着想を得ますか?

現場です。撮影の仕事のときは特にですね。

-ご自身のおうちでの生活はどうですか?

お店が華やかなので、家はシンプルというか何も無いんです。

-確かに恵比寿のお店はシンプルでありながらもセンスのある空間にお花やインテリアグッズが存在感を放っていますね!

-このサイトはコンセプトが「イエ」なのですが、私たちが家の中で身近にお花を取り入れるとしたら、切花を飾るグリーンをアレンジなど、おすすめはありますか?

とにかく多種類を混ぜないことです。2種類くらいを10本ずつバサッと花瓶に入れるだけの方がきれいです(下の写真を参照)。

-お花を長持ちさせる方法は?

こまめな水替えと切り戻しが大切です。

-ありがとうございました!

彼の作るお花はハイエンドでありながらも、見る人の心を打つアレンジがとても素敵です。5月には「母の日」もありますし、ブーケもオーダーで3150円からあります。是非、お母様の贈り物にセンスが光るお花はいかがでしょうか?


※ 川口さんのプロフィールはこちらの ABOUT US よりどうぞ

point-neuf
150-0013 渋谷区恵比寿2丁目37-8ヂョイフル1F
TEL&FAX 03-6277-2299
MAIL info@p-neuf.com

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense